このサイトの目的

街づくり、ソーシャルデザインという
言葉を聞いたことがありますか?

簡単にいうと、

住んでいる街をよりよくしよう

ということ。

例えば、
地域住民を集めてワークショップを行い、
住民と行政・自治体の合意形成を
図ったりする活動のことです。

あなたの住んでいる街にはさまざまな
人がいるでしょう。

生まれも育ちも○○市民という生粋の方

生まれは違ったが小学校以来ずっと○○市民という方

生まれも育ちも違うが、社会人になって○○市民という方

 

みなさんバックボーンはばらばら。

でも、誰もが住んでる街をよりよくしたいという
想いは共通のはず。

住んでいる街の財政が悪くなり、
ゴミ回収が月に1回になったり、
警察官の数が減って治安が悪くなったりするのを
望む人はいないでしょう。

では、住んでる街をよりよくするために、
単に自治体に要望やクレームを
突きつければいいのでしょうか?

それも何か違う気がしますし、ほとんどの
場合、自治体も本気で動いてくれないはず。

もし、自治体に対して真剣に望むことが
あるなら、自治体に要望をあげるだけで、
人任せにしてはダメ。

自分の得たい結果から逆算(バックキャスティング)し、

自治体を動かすためにどうすればいいか?

 

を戦略的、打算的に考え、用意周到に
準備・実行していく必要があります。

そのためには、
市民の行政観察能力が重要です。

もちろん、市民の一人ひとりが、
個人で行政観察能力を磨き続けるという
自助努力は必要です。

ただ一人孤軍奮闘してもできることは
限られている。

だからこそ、地域に住む人同士で

ふれあい、交流し、意見をかわして
よりよい街にしていく

みんなで一致団結し、意見をまとめる。

その際に、説得力を高めるための武器のひとつが、

ファイナンス

なのです。

このWebサイトのようなメディアが、
みなさんの意見から気づきを得られたり、
協力を得る一つのキッカケとなれば幸いです。

最終的には、

基礎:お金、数字、統計

日本の会計:企業会計、官庁会計

国際会計

と、一つ一つステップアップして、
上を目指していきましょう。

たぶん一生かかっても極められないと思います。

一生ものの「趣味」にこの機会に取り組んでみませんか?

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です