自治体の児童福祉と教育の歳出入

私は独身なので子育てとか児童福祉には、
興味はありませんでした。

同世代の既婚者の話を聞いても

????????

状態でした。

後輩や部下の教育もどちらかと言えば、
面倒くさいので、超最低限しか教えない方針です。

唯一、手塩に掛けて大事に育てたのは、
実家で買っていた犬くらい 笑

今日は、そんな私が教育や児童福祉に突如
目覚め、自治体の児童福祉と教育の歳出入
について調べた結果を説明します。

 

この記事を読むことで得られること

 

・男性が奥さんやママ友と苦労を分かち合える。

・市役所の児童福祉と教育の歳出入に関する決算項目が理解できる

・結婚・出産・育児関連の助成金について調べ方がわかる

 


男性がワーママの実態を知るのに役立ちます。

また、市役所の児童福祉と教育の歳出入がわかります。

結婚準備中の女性が、子育てや児童教育についての
情報を集める場合に、情報収集のコツがわかります。

私自身、子育てや児童福祉に全く興味がありませんでした。

しかし、今後はモノの見方の一つに、

子育て・児童福祉という視点を取り入れようと思うようになりました

あなたも子育て・児童教育という新たな視点で
世界が広げてみませんか?

またこの機会に子育てや児童福祉を、
再度考え直すきっかけにしてはいかがでしょうか?
まずは、今日から自分の子供や他人の子供を見たら、

「この子はどういう教育を受けてきたか?」

と思いをめぐらせてみる。

数十秒程度でよいので、
毎日続けると効果はでます。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です