オートレース事業の収益構造

オートレースとは、オートバイによって着順を競うレースで、
ギャンブルの中でもマニアックでディープです。

パチンコや競馬好きのおじさんが、競輪・競艇を経て、
最後にたどり着くのがオートレースだとも言われています。

一般的には、1998年に元SMAP・森且行さんが
芸能界を電撃引退して、オートレーサーに転身したときくらい。

その森さんが所属する、川口オートレース場の所属選手に、
梅内 幹雄さんがいます。

この方は、現役のオートレーサー船橋市議員なのです。

オート関係者によると、現役レーサーの政界活動は、
日本史上はじめてだそう。

もともと船橋オートレース所属だったのですが、
2016年3月に船橋オートレースが
閉鎖して以来、川口オートに転身されたとのこと。

そして、川口オートレース転身後も、船橋市議員として
積極的に活動されています。

その梅内市議員の後援会のFacebookに以下のような
記事がありました。

 

出典:うめない幹雄を育てる会

今日はこれをテーマに

オートレース事業の収益構造

について解説します。

このコンテンツを利用すると

 

・自治体のオートレース場運営の全体像がわかる

・オートレースに関わる登場人物(利害関係者)がわかる

・利害関係者のお金の流れがわかる

・決算書でお金の流れを確認することができる