官民連携(PPP)の全貌解明

今日は、官民連携(PPP)の全体像を
シンプルにまとめました。

官民連携のニュースは毎日のように
メディアに大量に発信されます。

この官民連携と言うのはとても幅の広い概念

国や地方自治体と民間企業が一体となって
事業を運営するのだから、規模が大きくなる
のは当たり前なのでしょう。

そして、官民連携の規模が大きいからこそ
様々な情報が飛び交い、非常に本質が
見えずらくなっています

言葉の定義を確認するだけでも
骨が折れます。

PFI、DBO、コンセッション、包括的委託
公設公営、民営化、第3セクター・・・

上記のような言葉の定義を
正しく理解している人は、官民連携
のビジネスに関わる人くらいでしょう。

そこで、官民連携に関する全体像と
必要最低限の言葉の定義を整理しました。

官民連携の全体像がシンプルに理解し、
自分なりに考えて仮説を立てたり、
他の人と議論するのにお役立てください。

 

このコンテンツを利用すると

・官民連携の必要最低限の前提知識が得られる

・官民連携についてのニュースや新聞が理解できる

・官民連携について自分なりの意見や主張がまとまる

・官民連携について街おこしワークショップやインターネットで情報交換・議論ができる

・官民連携について、第3者に説明、説得し、人を動かすことができる」

参考文献

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です